不眠症改善 漢方薬

不眠症の治し方【薬に頼らず眠れない時に寝る方法】

不眠症改善(漢方薬)


不眠症を改善する漢方薬があるといいですよね。漢方薬は睡眠薬と比べても体に優しそうですから、安心して摂取できるというイメージも強いです。漢方薬は、睡眠薬を飲んだ翌日のように頭がぼーっとしてしまうということは起こりませんので、日常生活に支障をきたすことはありません。
不眠症を改善する漢方薬には、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や黄連解毒湯(おうれんげどくとう)といった脳の興奮を抑えてくれるものがあります。ほかにも、酸棗仁湯(さんそうにんとう)というリラックス効果を促してくれる漢方薬もあります。
また、加味帰脾湯(かみきひとう)という深い睡眠を取れる漢方薬もあれば、八味地黄丸(はちみじおうがん)という体を温める働きのある漢方薬もあるのです。冷え性のせいでなかなか寝付けないという人には、八味地黄丸は安定した眠りを得られる可能性が高いので、いいのではないでしょうか。
不眠症を改善する漢方薬には色々なものがありますが、ただ漢方薬に頼るだけでなく、普段の生活で色々と気を付けなければいけないことがあります。たとえば、夜間にアルコールやカフェインを摂取しないということです。また、テレビやスマートフォンを寝る前に見るのも、睡眠の妨げになってしまうので良くありません。緊張やストレスも不眠の原因になりますので、普段からそれらを取り除く努力をした方がいいですね。
しかし、それでもなかなか眠ることができず、睡眠薬に頼りたくない人は、漢方薬を摂取してみてはいかがでしょうか。


薬に頼らず短期間で不眠症を改善する方法をご紹介中!

不妊症改善おすすめランキング

 

タグ : 

不眠症ガイド

この記事に関連する記事一覧