不眠症の薬 副作用

不眠症の治し方【薬に頼らず眠れない時に寝る方法】

不眠症の薬@副作用は怖い!


不眠症の薬と副作用についてご存知でしょうか。一般的に、不眠症の薬とされる睡眠薬は、精神安定剤の仲間なんだそうです。高ぶってしまった神経を鎮静させる働きと、催眠作用を持っている薬なんです。睡眠薬には短時間だけ効く物もあれば、中時間、長時間効く物と様々です。すぐに目が覚めてしまうという人には、持続効果が長い物を利用する方がいいでしょうね。
しかし、飲む時間を間違えてしまうと、持続効果が長い睡眠薬は翌日の午前中にまで残ってしまいます。夜遅くに飲むと翌日の午前中は眠く、夕方ごろには目が冴えてしまい、その日の夜は寝つきが悪くなってしまうのです。持続効果が長い物は、夜12時を過ぎてからは服用しない方がいいです。
ところで、不眠症の薬と副作用について誤解をしているために、絶対に服用したくないという考えの人もいるのではないでしょうか。依存性が強いから、飲んだら手放せなくなるといったイメージが一般的にはあると思います。
しかし、依存性が強いとされる不眠症の薬は、バルビタールという30年くらい前に良く使われていた睡眠薬です。これはどんどん使用する量が増えてしまう恐れがある薬なのです。しかし、現在使われている主な不眠症の薬には、依存性はほぼないと言われています。その代り、バルビタールと比べると効果が弱く、人によっては効果をあまり感じられないのです。
依存性がないからといって、不眠症の薬を濫用していいわけではありません。肝臓に負担をかけたり、脱力感を伴うといった副作用もあるからです。しかし、上手に使えばとても有用な薬です。
使い方を理解した上で、上手に薬と付き合っていきましょう。


薬に頼らず短期間で不眠症を改善する方法をご紹介中!

不妊症改善おすすめランキング

 

タグ : 

不眠症ガイド

この記事に関連する記事一覧