不眠症 原因

不眠症の治し方【薬に頼らず眠れない時に寝る方法】

不眠症の原因って?


不眠症の原因というのは様々です。夜しっかりと眠ることができず、普段の生活に影響が出てしまうようなら、不眠症を疑った方がいいでしょう。
まず、適応性不眠というものがあります。これはストレスからくる睡眠障害なのですが、興奮するあまり眠れなくなってしまうのです。このストレスはネガティブなものだけでなく、ポジティブなものでも起こってしまいます。ストレスが解消されたり適応すると治まります。
体内のバランスが崩れてしまうことで怒る、突発性疾患による不眠というものもあります。幼年期から青年期まで続くと言われており、覚醒機構が強く働いてしまう、あるいは睡眠機構がうまく働いていないということが不眠症の原因となります。
薬物治療の副作用やカフェインの摂取、アルコール系溶剤の使用によって起こる睡眠障害もあります。薬物等の使用をやめたときも不眠に陥ってしまうことがありますが、いずれは正常に戻るでしょう。
このほかにも、健康障害や精神障害が不眠症の原因になります。何らかの病気のせいで眠りにくい、何度も目が覚めてしまうという症状に悩まされたり、精神衛生の悪化から不眠に陥ってしまうというものなのです。
身体的・精神的に特に異常がないのに不眠に陥ってしまう場合は、きちんと医療機関を受診してみましょう。
ちなみに、小さな子の不眠は、保護者がきちんとした時間に子どもを寝かせないことが原因の睡眠障害です。就寝時間が決まっていないと、夜に何度も目がさめてしまうようになるのです。子どもを寝かせる時間は、規則的にしましょう。


薬に頼らず短期間で不眠症を改善する方法をご紹介中!

不妊症改善おすすめランキング

 

タグ : 

不眠症ガイド

この記事に関連する記事一覧