不眠症改善 食べ物

不眠症の治し方【薬に頼らず眠れない時に寝る方法】

不眠症改善(食べ物)


不眠症を改善する食べ物を日常的に摂取することによって、不眠症を改善することができ、質の良い睡眠を取ることができることでしょう。
睡眠に重要なセロトニンの分泌を促すトリプトファンは、普段の食生活でも摂取しやすい食べ物に含まれています。たとえば牛肉、豚肉、鶏肉といった肉類に、スジコ、カツオ、黒マグロ、たらこといった魚類です。ほかにも、チーズ、ゴマ、ナッツ類、豆類にパスタ、蕎麦、米といった主食にも含まれています。どちらかというと、動物性よりも植物性たんぱく質のトリプトファンの方が、セロトニンが作られやすいそうです。
ちなみに、セロトニンが脳内で増えると、気持ちが前向きになりストレスなどにも強くなるそうです。冷え性も改善され、便秘といった腸の内のトラブルも改善されるのだとか。
グリシンも睡眠に良いとされています。グリシンは、クルマエビ、イセエビ、ウニ、ホタテ、ズワイガニ、黒マグロといった魚類に豊富です。ほかにも、牛肉、豚肉、鶏肉といった肉類にも含まれています。油揚げ、納豆、枝豆といった豆類にも比較的多く含まれているので、和食を食べること、バランスの良い食生活をすることを心がければ、日常的に摂取することは難しくありません。
グリシンには、深い睡眠に導いてくれたり翌朝の目覚めがすっきりするといったメリットがありますが、注意点もあります。ぐっすりと眠りたければグリシンを3グラム寝る前に摂取するといいのですが、不眠症を改善する食べ物を寝る直前に食べるのは、消化器官に負担をかけるので良くありません。寝る直前にグリシンを摂取したい場合は、サプリメントで摂取した方がいいでしょう。


薬に頼らず短期間で不眠症を改善する方法をご紹介中!

不妊症改善おすすめランキング

 

タグ : 

不眠症ガイド

この記事に関連する記事一覧