大学で教える第二外国語

大学では、第二外国語を勉強するのが当たり前になっていますよね。英語以外の語学ができた方が、これからの時代は良いということなんでしょう。
ちなみに、中国語を授業に取り入れている大学が一番多いみたいですね。中国語ができれば、商社や貿易関係の仕事に就ける可能性も増えてくるのでしょう。日本にとって、中国は製品開発や商品の買い付けなども安くできるし、隣の国だから輸送費だってそこまで高くないから、とても良い国と言えるのでしょう。
それに、中国語を使っている国は中国だけではないですし、やはりしゃべることができたらメリットが多いのでしょうね。ただ、発音はとても難しいですが…。
学校の授業だけで完璧に中国語をマスターするのは難しいでしょう。覚える気があるなら、授業以外でも自分で勉強をするべきだと思います。いろいろと便利な教材が最近は多いでしょうから、きっと効率よく学べる方法もあることでしょう。一人だけだと嫌になってしまいそうだから、友達と一緒に勉強するというのも良いかもしれませんね。